ETC スマートIC

ETCならスマートICが使える

ETCを搭載した車両のみが利用できるスマートICというものがあります。

高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリアなどから乗り降りが出来て、利用車両がETC搭載車に限定されています。
従来の料金所とは違い、無人のゲートを設置するだけで済むので低コストを実現したインターチェンジです。一番コストがかかるのは人件費ですから、地方になる程このスマートICのメリットが生かされることになります。

ETC専用のゲートで車載器と道路側のアンテナが通信することにより、開閉バーが開きますので、一般的な料金所のように減速して通るわけでなく、必ず一旦停止をする必要があるので気をつけなければいけません。
車載器にETCカードを差し忘れていると、勿論ゲートは反応しませんから通過することは出来ません。

またサービスエリアなどのICを利用して入った時、そのサービスエリアだけを利用して同じスマートICから出るという使い方は出来なくなっています。
あくまでも高速道路を利用することを前提としたインターチェンジです。

このスマートICの利用者側から見た最大のメリットは、ICが増えることによりIC間の距離が短くなるということです。高速道路を利用して目的地に行く時に、より目的地に近い場所のICを利用することが出来て無駄がなくなります。折角高速道路を利用して時間を短縮出来ても、高速道路を降りてから目的地まで一般道を走る距離が長ければ短縮した時間が無意味になってしまいます。